知っておきたい絨毯クリーニングの秘密

絨毯クリーニング

絨毯はさまざまな素材でできており、絨毯クリーニングをする時には素材に合わせた汚れの除去法を選ぶ必要があります。絨毯の作りを大きく分別すると天然繊維のものと化学繊維のもので作られています。家庭用の絨毯は、ホームセンターで購入できる手頃なものから天然繊維で作られた高級品までさまざまなグレード、種類があります。家庭用の絨毯の手入れ方法は、掃除機で表面に付着した汚れを取ることが基本となります。家庭ではできる手入れ法が限られているため、絨毯クリーニングをする場合は、クリーニング店に持ち込むのがおすすめです。多くのクリーニング店において、絨毯は特殊クリーニングの範疇となるため、絨毯を専門にクリーニングする業者に委託しているのが一般的です。業務用の絨毯は、プロの清掃会社に依頼して定期的な清掃と交換を行うのが一般的です。

絨毯クリーニングの基本的な概念

絨毯はさまざまな素材でできているため、絨毯クリーニングを依頼した際には、どのような素材で作られているのかを検品します。さらに、汚れが付着している場合は、その汚れが何によるものなのかを確かめた上で、汚れに適した洗剤を用いてきれいにしていきます。汚れがひどい場合はシミ抜き剤を利用することもあります。シミ抜きは手作業で行うことも多いです。シミの種類によって使用する薬剤を変えることもよく行われています。絨毯クリーニングを行うことで、汚れやシミを除去してきれいにするだけでなく、ダニの除去をすることもできます。絨毯を長く良い状態で使用するためには、定期的に絨毯クリーニングを行うことが重要です。ダニだけでなくハウスダストや花粉などアレルゲンの温床となりやすいので、手入れを行ってきれいにしておく必要があります。

絨毯クリーニングを行う時のチェックポイント

絨毯クリーニングは、軽い汚れであれば自分で行うこともできますが、業者に依頼して行えば、素材に合わせたクリーニング法を採ってもらうことができます。自分で汚れを除去しようとしても、素材と合っていない方法で行ってしまうと、かえって絨毯を傷めてしまう結果につながります。実際のクリーニング法は業者によって異なりますが、丸洗いをした後にシミなどがある場所を個別にチェックして丁寧に落としてくれるところもあります。絨毯クリーニングの相場は、1畳あたり2500円から3000円です。業者によっては、セット料金や季節料金など、お得な料金体系を敷いているところもあります。シミ抜きなどを依頼する場合は、追加料金がかかることが多いです。依頼する前には、複数の業者に見積もりを出してもらい、比較検討した上で選ぶのがおすすめです。