お部屋の絨毯クリーニングの驚きテクニック

絨毯クリーニング

家のなかの布製品は意外と多いです。洋服は洗濯できますが、ソファーやカーテン、絨毯など家庭用の洗濯機では洗うことができません。毎日家族が歩いている絨毯ですから毎日掃除機をかけていても黒ずんできたり、臭いが気になり始めることがあります。毛足の長いカーペットなどは髪の毛や食べかすなどのごみが溜まりやすいのでダニが繁殖する恐れがあります。正しい掃除機のかけ方をして絨毯クリーニングをしましょう。ごみを除去するためには一か所に20秒から30秒ほどかけてゆっくりと吸い取っていきましょう。ダニは人が生活しているところには必ずいます。吸血しないダニでも人体に影響を及ぼす可能性があります。ダニの死骸や抜け殻や糞などがアレルギーを引き起こす原因になるのです。定期的に取り除きましょう。

絨毯のダニを死滅させて快適に暮らそう

絨毯クリーニングをして清潔で快適に暮らしましょう。掃除機を毎日丁寧にかけていても生きているダニは簡単には除去できません。鋭い爪を絨毯の繊維に絡めてしがみついていて離れません。なるべく綺麗に取り除くにはダニを死滅させてから掃除機で吸い取るようにしましょう。ダニは高温に弱く、60度以上の温度では一瞬で死滅します。絨毯の一部分だけを温めても、熱くない場所へと移動してしまいますので高温で一瞬にして死滅させるのが効果的です。スチームアイロンの温度を高くすると噴射されるスチームの温度は100度近くなります。ダニの寿命は2か月から3か月ですから、ダニ1匹につき1日に1個ほど卵を産みますので週に一度は絨毯クリーニングをすることをおすすめします。なかなか掃除の時間がとれない方も多いでしょう。

プロにお願いする絨毯クリーニング

家庭で使っている絨毯にもさまざまな種類の絨毯があります。ポリエステルのような化学繊維で作られている手ごろな金額のものから、天然素材でつくられた高級品まで多くあります。専門的な知識がなければ絨毯を傷つけてしまいますので、絨毯クリーニングとして専門業者へお願いするのが絨毯を長持ちさせる方法です。素材や汚れをきちんと確認してクリーニングしてくれます。お金はかかりますが2~3年に1回のペースで絨毯クリーニングすることによってハウスダストやダニ・ノミなどのアレルゲン除去などアレルギー対策にもなります。家では絨毯の上に家具など置いている場合も多いので絨毯クリーニングも大変な作業になります。家庭でできる最低限の掃除はこまめにするようにしましょう。絨毯を何枚も重ねて使用することはあまりおすすめしません。