絨毯クリーニングってどうやってするのか

絨毯クリーニング

絨毯の掃除は、掃除機や粘着テープ、そして消臭スプレーという方は多いと思います。また掃除の特集では重曹を使ったお掃除が紹介されています。しかしどんなに掃除をしても不安が残ります。そんな時は絨毯クリーニングです。これはクリーニング店に持って行く方法と、清掃会社に相談をして専用の機材でクリーニングをしてもらう方法があります。ただ徹底的に絨毯クリーニングをしてもらうつもりであれば、お店に持っていく方法をおすすめします。通常の洗濯でも同じですが、洗剤と水をふんだんに使って手洗いをする方法を取りますので、まさに衣類のクリーニング同様の清潔感を感じることができます。また絨毯を剥がすことで、日頃は見えない床の掃除をすることもできます。もちろん家具などが置かれていて持っていくことが難しいという方も多いので、そのような方は業者に来てもらう方法がおすすめです。

絨毯クリーニングが必要な理由は掃除機では取りきれないゴミ

絨毯クリーニングは必要なのか、日頃の掃除だけではだめなのかと疑問を持たれると思います。衣類に付いたゴミやホコリを取っただけでは洗濯では無いことと同様に、絨毯もその素材と人との関わりは衣類とほぼ同様ですから、ゴミやホコリだけが絨毯の汚れではない事は想像できます。例えば飲み物をこぼしたシミや、食べ物のカス、これらを放置した衣類は、虫に喰われ、シミから素材が劣化します。もちろん人が使うものですから、人の汗やフケ、髪の毛なども付いています。それらを餌にするものといえば、ダニやノミ、ゴキブリなどです。これらは掃除機で吸えば良いのではないか、シミはシミ取りをすればよいのではないかと思われるかもしれませんが、これらは掃除機ではなかなか取ることができないことは、粘着テープを何度動かしても、必ずゴミや髪の毛が付いてくることからも明らかです。

絨毯クリーニングは基本的には手洗いです

絨毯クリーニングが必要な理由は、他にもあります。それは臭いです。消臭スプレーで臭いを抑えることはできますが、クリーニングをすることで、その原因を一掃することができます。それでもクリーニングが不安である方の不安の理由は、高額な絨毯をクリーニングに出しても大丈夫なのかという点かもしれませんが、こちらも衣類同様、素材に合わせてクリーニングをしています。房に関しても手洗いをしていますし、洗剤が残らないようにすすぎや水切りもしています。そして乾燥も陰干しや温風など、色々な方法が用意されています。そして絨毯クリーニングを専門にしている業者もあります。一般のクリーニング屋で依頼することが不安な方は、一度調べてみると、意外と近くにあることも多いです。また期間もそれなりにかかりますので、一度問い合わせをすることが大切です。